研究会記録(2011年度)

関東地区
2011年11月26日(土) 於 目白大学

副詞“”の俯瞰図―教育的配慮の観点から 伊藤大輔
(目白大学)
新华字典(第11版)》を見る 依藤醇
(目白大学)

九州地区
2012年3月10日(土) 於 北九州小倉AIMビル7階
公開ワークショップ中国語教科書調理法―教科書を「教材」にするために

課題作品:「教科書を教える」から「教科書で教える」へ―全12課を5つのユニットにデザインし直す自由作品:プロジェクト型学習活動のすすめ―キャンパス紹介ビデオ/冊子を作って交換留学先に送ろう 植村麻紀子
(神田外語大学)
課題作品:教科書の教材化と自己発見の教材化―“”の文法的意味を学習者が抽出する自由作品:アフォーダンスによる文型認知ストラテジー―疑問詞呼応構文をアフォードする 鈴木慶夏
(釧路公立大学)
課題作品:表現の広げ方―単語学習からフレーズ(VO)学習へ自由作品:道をたずねるタスクに必要な材料とは? 中西千香
(愛知県立大学)
課題作品:場面と機能を重視したコミュニケーションタスク―中国語で予約ができた!自由作品:タスク遂行のための文型導入―お店選びタスクを例に 西香織
(北九州市立大学)
課題作品:コミュニケーションゴールの違いが学習項目の重みづけを変える―助詞の“”に重点を置かないという判断自由作品:形式はシンプルに、コンテクストは多様に―SFMC(Single Form, Multiple contexts) 山崎直樹
(関西大学)