2020年度第1回研究会

緊急企画 「中国語の遠隔授業をデザインする」

 2020年4月25日(土)に開催する緊急企画 「中国語の遠隔授業をデザインする」は申込者が上限の200名に達しましたので、申し込みの受付を終了しました。今回の研究会は発表者の同意がとれましたので第1部と第2部については録画し、後日期間を限定して録画を公開する予定にしております。申し込みには間に合わなかったが、研究会で話される内容はご覧になりたいという方は下の申し込みフォームからお申し込みください。後日、動画のリンク先をメールさせていただきます。
※会員・非会員を問わず申し込めます。
※すでに当日参加の申し込みがお済の方は別途申し込みは不要です(当日参加の方も録画はご覧いただけます)。
※なお研究会のリアルタイムでの参加は当初80名の規模で受け付けしておりましたが、募集開始後4時間ほどで上限に達してしまいましたので、システムの調整を行い、200名まで増やししましたが、こちらも2日ほどで上限に達してしまいましたので、参加できなかった方もご覧いただけるように後日録画したものを見れるように手配させていただきました。

 

受付を終了しました

 

2020年4月23日更新

2020年度第1回研究会は、短時間で非常に多くの申し込みがありました。申込者からのご要望を受け、当日発表の先生方と協議した結果、プログラムを以下のように変更しました。
*主な変更点は、第2部です。Room1からRoom3のうち2つのルームでの視聴を予定していましたが、3つとも視聴したいという希望が多かったため、Roomを一つに統一し、全ての視聴が可能になるようにプログラムを調整しました。1つのみ、2つのみの視聴をご希望の方は、一度退室し再度入室することも可能です。

【プログラム】
13:00 Zoom meeting オープン
13:20〜13:30 趣旨説明(研究会担当:鈴木・植村)

第1部
『中国語科目の遠隔授業の作り方』 氷野善寛(目白大学)
13:30~14:00 パート1《遠隔授業を始める前に知っておきたいこと》
・遠隔授業の考え方
・LMS/Webテレビ会議の役割
・学生の環境について

14:05~15:00  パート2 《遠隔中国語授業について》
・授業の設計をどう考えるか?
・教科書がある場合(音声+教科書+課題)
・教科書がない場合(映像[PPT/講義動画]+課題)
・同時双方向でないとできないこと
・課題の考え方(繰り返し練習させる仕掛け)
・無料で使えるコンテンツ
・試験と成績評価
・LMS-Google Classroomを使った実践例

第2部
15:10〜15:40『ZOOM基礎の基礎』紅粉芳惠(大阪産業大学)
・ZOOMはアプリとマイアカウントページの2本立て
・ウェブページの設定を理解する
・ミーティングの開催方法
・ミーティングIDを学生に伝える方法
・画面共有&チャットの使い方
・ブレイクアウトルームの使い方
・投票機能の使い方(※有料版の機能)
・無料版と有料版の違いと授業での使い方の工夫

15:45〜16:15『講義動画を作ってみよう』清原文代(大阪府立大学)
・Zoomを使った講義動画の撮影方法
・音声付きパワーポイントの作成方法

16:20〜16:50
『LMSの使い方を細かく見てみよう、使ってみよう』氷野善寛(目白大学)
・LMS(Google Classroom)を試す、1回分の授業の作り方
・学生お一人様音読練習ツール「Ondoku Chinese」の使い方実践

16:55~クロージング(研究会担当:鈴木・植村)
情報交換タイム(退出はご自由に)

17:20 終了

【注意】https://zoom.les.cmc.osaka-u.ac.jp/ミーティングに参加する時の手順/
(1)ZoomのミーティングIDとパスワードは人に教えないでください。Zoomの会議室は人数上限を越えると入室できなくなり、参加登録済みの方が入れなくなります。
(2)誰でも見られる場所(ブログ、Twitterなど)にミーティングIDとパスワードを書かないでください。Zoombombingと呼ばれる迷惑行為(荒らし行為)をする人を呼び込んでしまう可能性があります。
(3)Zoomの会議室に入室する時には、本名@所属先を名乗ってください。学会参加の時に、名札を付けるのと同じことです。
(例)氷野善寛@目白大学
お名前がイニシャルのみの場合や明らかにニックネームの場合は、Zoom会議室から退室していただくことがあります。
Zoomの接続方法については岩居弘樹先生(大阪大学)のWebサイトをご覧ください。
https://zoom.les.cmc.osaka-u.ac.jp
「ミーティングに参加する時の手順」
https://zoom.les.cmc.osaka-u.ac.jp/ミーティングに参加する時の手順/